キャッシング 融資

キャッシングや融資をスムーズに受けるための二つのテクニック

キャッシングや融資を受けるときに重要なのは、もちろん金利や金額なども含まれるでしょうが「融資を受けれるかどうか」が一番大切なのではないでしょうか。何かの理由である程度の金額の融資やキャッシングを希望していた場合、たとえ希望金額に満たなくてもある程度の金額の融資が受けられるというのは最低条件でしょう。しかし、現実はそんなに簡単ではありません。申し込んだけれども融資が受けられなかっただけならまだしも、申し込んだ事実は信用情報機関に情報として残ってしまいます。借りられなかったからと申し込みを繰り返していれば「申し込みブラック」として扱われ、結果としてどこからも融資を受けられないという状況になることも考えられます。

では、確実に融資を受けるためにはどこに注意したら良いのでしょうか。そのポイントは最低限の条件として二点に絞られます。その二つの項目を解説していきましょう。

まず一つ目は「自分の借りれる金額を把握する」ことです。キャッシングや融資を受ける際には銀行か貸金業者のどちらかにお願いすることになります。このとき、銀行であれば金額を気にする必要はありません。しかし、貸金業者であればその上限に設定があります。貸金業法には「総量規制」という仕組みがあり、収入の三分の一までしか資金を借り入れることができないからです。例えば、年収が300万円だとすれば借りれるのは100万円まで。既に50万円の借り入れ枠があれば、残りの借り入れ可能金額は50万円ということになります。にもかかわらず、消費者金融で100万円を予定して審査を行っても、追加で借り入れることができるのは最大で50万円までということになるのです。これを考えずに50万円を超えた金額を予定して申し込みをしてしまえば、審査に通ったとしても予定金額を下回る金額しか手にできないことになります。あとからあわてることのないように、あらかじめ自分の借り入れれる金額は把握しておく必要があるでしょう。また、その金額を超えて借り入れを行いたい場合は、「貸金業法」の対象である消費者金融や信販会社でなく、「銀行法」の対象である銀行に審査を依頼することもポイントです。

二つ目は「申し込み時の情報に正確性を持たせる」ことです。住所や名前、生年月日などの情報を申告するときにできるだけ正確に申告するのは当然のことですが、年収や借り入れの金額なども端数までしっかりと確認して入力や記載を行う必要があるでしょう。そんなの当たり前だと思っている人でも、意外に記入ミスや整合性の取れない記入が多いものです。特に収入証明書を添付する場合には現勤務先との整合性なども確認されます。文字がかけない事情があるなら仕方ありませんが、代筆もできれば避けたほうが良いでしょう。

審査基準で選ぶなら大手3社がオススメ!